く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

カラッと晴れた夏空とはいかないようで・・
全天雲に覆われ、超蒸し暑くなってます(-"-)

マイフィールドでもあちこちでナツフジの花が咲いています。
今日の記録は、花というよりも豆果について

ナツフジの豆果といえば扁平な鞘に入った扁平な豆・・
ほとんどのサイトでもそのような写真が出てますが、
P1080580
これは去年8月7日に撮った写真。

同じ株の今年8月1日の花の写真、
P1120387
まだ豆果は出来てませんでした。

こちらは別の株です、
P1120395
花も今が盛りのようですが、
すでに豆果もぶら下がってます。
P1120394
でもこの豆果は前のとは違いますね。
鞘が丸くてまるでササゲの様・・色も小豆色してます。

不思議に思って検索を・・
すると「関西の花」というサイトで同じような写真を見つけました。
間違いじゃなかったようですが、この違いについての解説はありませんでした。

本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日梅雨が明けました。

駆け込みで何とか7月中の梅雨明けになったようですが、記憶にないほどの遅さです。

広がる青空に蝉しぐれ・・平和な日本の夏そのものですが・・

コロナ感染の勢いは衰えることもなく、身近に迫りつつあります。


今日はこの夏空の元・・少しマイフィールドを散策してきました。

紫外線除けと飛沫除けを兼ねた覆面姿・・今だから許されますが、時代が変われば警察に通報されそうな出で立ちです(^^♪


セミを一生懸命探しましたが、ニイニイゼミは声だけ

P1120380
アブラゼミです。

P1120414
クマゼミです。

P1120381
これは羽化途中でした・・多分アブラゼミ?


P1120398
ニホントカゲ(東か西か不明)が姿を現し、

素早い動きで移動したと思ったら、

P1120400
虫を咥えました。

捕食されたのは・・バッタかキリギリスの仲間のようですが・・
P1120406

よく分かりませんね、

P1120404
何となく得意げなニホントカゲさんでした。



本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

10日以上野歩きを封印していましたが、背中の粉瘤の処置後も徐々に落ち着いてきたので昨日少しだけ歩いてみました。

結果は傷跡を保護しているガーゼや絆創膏が動きと汗ではがれて悲惨なことに・・
野歩きはガーゼが必要なくなるまではお預けのようです(-"-)


その少しだけの野歩きでクサギの花を見に行ってました。
クサギの花は手の込んだ演出で楽しませてくれます。

まず最初は萼に包まれて小ぢんまりしてますが
P1120370
蕾が大きくなるとともに萼が開き

次に鮮紅色の花筒がぐんぐん伸び
白い花冠が5裂開し平開します。
P1120369

開花初期は雄性期で4本ある雄蕊は反りあがっています。

やがて雄性期が終わり雌性期に入ると
垂れていた花柱が反りあがり、雄蕊は役目を終えて縮れ。

クサギ
過去撮った雌性期の写真です。

受粉が終わると花は落ち、額は再び閉じて紅色に・・
これで第1幕は終わりです。


第2幕はその時期になったら記録に残すことにします。


おまけの写真は街路樹のオニグルミ・・
P1120376
今年は豊作のようです。


本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

このページのトップヘ