小さな幼虫で集まって越冬していたサシガメもいまやスッカリ成虫になって独りで獲物を探し回っています。
Img_3018
『ヨコヅナサシガメ』は桜の木で集団で越冬していたのですが、よほど桜が好きなのでしょうか、猟場も桜の木のようです。脱皮直後は深紅の身体ですが、今は足の付け根に残るだけで全身黒く張り出した腹部は白黒の模様になってます。
Img_3113
一方『シマサシガメ』はあまり場所にはこだわらず、いたるところで見ることが出来ます。これも立派な成虫になっていました。よく似ているのですがシマサシガメは、少し小さく肢も白黒模様になっているので判りますよ。