『ネジキ』の花が満開になっています。アセビによく似たつぼ形の白い花を小枝一杯につけています。
Img_3185
Img_3136
ツツジ科の落葉小高木で秋の紅葉は美しく、早春の木の芽時は新芽も枝先も赤くなり一際目立った存在です(アカメと言われています)。
名前は幹のネジレから来ており、木肌を見ると斜めに線が走り捩れている様を読み取ることが出来ます。里山で燃料調達をしていたときは薪にするのに鉈の入りにくい木として知られていたようです。
Img_3134
この木はアセビ同様有毒で食樹動物からも敬遠されているようです。