おはようございます。晴天が続いている割には公園の林床林縁ではきのこをよく見かけるようになりました。最近であったきのこを少しだけ紹介します。きのこの同定にはまったく自信がありませんので絶対真に受けないようにお願いします。
このところ一番よく見かけるきのこです。


Dsc06152


P1110998


地面に固い丸いきのこがへばりついています。大きさはさまざまですが、大きいもので長径35ミリ短径20ミリくらいの饅頭のような形をしています。硬いですが、割ってみますと中には真っ黒な漉し餡のようなもの(グレバ)が詰まっていました。同定には胞子の顕微鏡観察が欠かせないのですが、そこは素人の強みで『ヒメカタショウロ』と判断しました。
その横でかわいい姿を見せていたきのこです。


P1110991


苔の中から出ています。図鑑で調べるとよく似たきのこが2種類あります。キツネタケとシバフタケです。素人の強引な絵合わせで『シバフタケ』にしました。
林床のごちゃごちゃしたところで見つけたきのこです。


P1120009


大型で傘の径は8センチほど柄の長さは10センチほどの赤いきのこです。傘の裏は黄色く細かいスポンジ状で管孔が見えています。初めて見るきのこですが、たぶんイグチ科の仲間で『ベニイグチ』ではなかろうかと考えました。
次の2種は名前も分かりません。


P1120071


P1120004


とりあえず写真だけ・・・・・。