久しぶりに有馬富士公園を歩いてきましたよ。


冬の自然観察は何となく味気ないのですが、夏に観察した植物が今どうなっているのか、そういう観点から観察するのも楽しいものです。


「リョウブ」の今です。


P1130396


白い花は結実しさらに完熟状態の種子をたくさんぶら下げていました。


来年の春に向かい、新芽は長い冬を越す準備をしています。


P1130391


しかし、リョウブの冬芽はなぜか真冬を前に芽鱗を脱ぎ捨て、裸芽になってしまいます。でも安心、裸芽も毛皮にくるまっているようですね。写真は芽鱗が引っ掛かった状態です、風が吹けばすぐに飛んでいくでしょう。


P1130395


冬芽を見たついでに葉痕も観察しました。これがその写真です。細い維管束が半円形に並んでいるようですね。