く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2009年11月

みなさん ご無沙汰してました。やっとキーボードの前に座ることが出来ました。でもまだ本調子とはいえません。なぜかと言いますと、術後の傷が痛むのです。集中力も余りありません、以前の私に戻れるのは更に1週間は必要かもしれません。

Dsc02428

何故こんな事になったかといいますと、11月3日の夜の突然の腹痛から話は始まります。寝床に入っても連続して右の腹が突っ張り、痛むのです。その夜はまんじりともせずに4日の朝を迎えました。何かの中毒かと思いましたが心当たりもなく(もちろん野生のきのこも食してませんよ)、下痢することもないのです。そこで思い当たったのが『虫垂炎』。今年のお正月に孫が罹り大変なことになったばかりです。



早速かかりつけの医院に駆けつけ地域の中核病院である三田市民病院に紹介状を書いてもらうことにしました。今は、中核病院は紹介状がいるんですね。朝10時30分から検査が始まり13時30分には結果が判明しました。「立派な(こんなものに立派なんてあるんでしょうか?)急性虫垂炎です、手術をしましょう。17時からします。」というご託宣。『それでは一旦帰宅して準備を・・・』「いえ、そのままでいいです。ご家族に連絡取れるのでしたら連絡だけお願いします。」ということで、半拉致状態で即手術入院してました。術後いろいろの障害を乗り越え、本日無事帰還。『ヤッパリ、家が一番や・・・』


昼間は汗ばむほどの陽気が続いているが、昨日も午後から探鳥に出かけた。会いたいのはカワセミとジョウビタキだが目的を果たせないまま、仕方なく河原にたたずんで対岸の木の茂みにいるムクドリ夫婦を撮っていた。

Dsc02477
チラリと鳥影が見えたのでカメラを向けると、何と、あれだけ探しても見付らなかったジョウビタキが対岸の木の枝にいるではないか。久しぶりに暫らくジョウビタキと遊んできた。



Dsc02471
枝が煩い写真になったが、仕方ないよね。傾きかけた太陽を右から浴びて顔も真っ黒であったがヤット眼に光が入ったこの一枚。



Dsc02478
礼儀正しいね。久しぶりの再会のご挨拶?この子とは今シーズン懇意になれそうな予感がする。


このページのトップヘ