く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2011年07月

フキバッタの仲間です。公園のフキバッタは全てこの種だと思っています。
Img_3605

フキバッタは翅が退化しており遠くへ飛ぶことが出来ません。
従って、地域性が強く以前は本州のフキバッタを「ミヤマフキバッタ」と総称していたようです。しかし、今はもっと細分化しており、本種は『ヤマトフキバッタ(セトウチフキバッタ)』と呼ばれているものだと思います。
Img_3652

あまり人を恐れないのでシッカリモデルになってくれますよ。
フキバッタの名前は蕗を好んで食べるからとありますが、未だ蕗の葉の近くで見たことが無いのですが・・・。


最近出会った芋虫君たちをまとめて紹介します。嫌いな方はごめんなさい。
Img_3651

『クロアゲハ』の幼虫だと思います。もう終齢だと思いますから後はサナギになって大空へ飛び立つのみのようですね。食樹は『イヌザンショウ』でした。
Img_3656

『アケビコノハ』の若齢幼虫だと思います。体長は20ミリほどでしたが、黒い身体に素敵な眼状紋を持った幼虫です。これは黒いですが、緑色のものもいるそうです。食樹は『アケビ』や『ムベ』だそうです。成虫は素晴らしい擬態をする綺麗な蛾になるそうですが、未だ会ったことはありません。
P1140050

『ヒメシャチホコ』の若齢幼虫です。シャチホコガの幼虫は変わった形をしています。警戒すると鯱のようなポーズをとるのです。今風に言うなら「イナバウワー」のポーズです。それから2番目と3番目の肢が大変長いのも特徴です。食樹はハギでした。


7月初旬に鳥の道で出会っているのですが、画像ファイルが雲隠れ?で、アップが今になってしまいました。
Img_3589

正に雲隠れ名人です。『ナナフシモドキ』です。
木道を歩いていて何気なく茂みに眼をやると、なにやらうごめく大きな虫が・・・。体長は10センチほど、肢の長さは6本とも7~8センチ、なんとも奇妙な姿をしています。
Img_3591

暫らく観察をしていましたが、やがて身体を揺らしながら移動を始めました。私も観察位置を少しずらしてもっとよく見ようと動いた途端・・・・。
Img_3593

彼(?)は身体を一直線に伸ばし静止。この状態ではパッと見ただけでは木の枝と間違えること必至ですよね。雲隠れの術を披露してくれました。
あまりにも静止が長いので、手を伸ばした途端、ポトリと茂みの中へ落下、最早探して探しても見つかりませんでした。


園内では『ツユクサ』の花が咲いています。
Img_3682

自然観察を始めた当初はよくこの花を観察したものです。色も素敵ですし、形も大変変わっていてまるでミッキーマウスの耳のような花弁が面白おかしく思えたものです。その当時のときめきを忘れつつある自分を反省しながら、『ツユクサ』の花を撮ってきました。
ツユクサ科ツユクサ属の一年草で、朝開いた花もお昼過ぎには萎んでしまい、朝寝坊さんには縁のない花かもしれませんね。
花弁は青が2枚白が1枚ですが、下部にある白は目立ちません。雌蕊は1本、雄蕊は6本ありますが風変わりな形をしています。
Img_3681

2段咲きも一時話題になりましたが、園内でもあちこちで見かけますのでさほど珍しいこともなくなってきたのでしょうか。
この花の親戚のムラサキツユクサを以前紹介しましたが、放射能を感知して花の色を変えるということで話題になっているようですよ。


P1140091
ムシヒキアブの仲間では大型で、最強力かもしれません。大きな羽音で飛び回り人もあまり恐れず、時として威嚇飛行をする始末です。
Img_3539
幼虫時代から成虫に至るまで肉食を通しています。成虫は特に甲虫類を好み短い頑丈な口吻で肛門や体節間から吸汁します。
Img_3540
毛深く、オスは肛門周辺に白い房毛を持っていますのでよく目立ち、すぐに判りますよ。


今年は雨が多かったからでしょうか、この陸貝をよく見かけます。
Img_3599_2
マイマイ目ナミギセル科の仲間だと思います。それ以上のことは私には難しすぎてよく判りません。
本来の貝の色は淡褐色から茶色だと思うんですが、出会ったのは全てこのように緑の斑模様が付いていました。
Img_3596_2
手にとって擦ってはいませんから、後からコケが付いたのかそれとも最初から色が付いているのかも不明のままです。苔むした木肌を歩いていますので保護色になっていることは確かです。
Img_3261
最後の写真は樹液の出ている場所で見つけました。マイマイも樹液には目がないのでしょうか?


鳥の広場で自然観察をしていましたら、目の前を真っ赤な虫が飛び、横切りました。今迄出会ったことの無い赤い虫に驚き目で追いますと、直ぐ近くのツツジの葉にとまりました
Img_3576
一見してサシガメの仲間とわかるのですが、こんなに赤いのは初めて会い名前もわかりません。大きさはシマサシガメよりも小さく体長15ミリくらいでした。
Img_3575
早速家でWEB検索をしたところ、サシガメ科の『アカサシガメ』判明しました。


再び樹液に集まる虫さんです。
タテハチョウ科の2種類の蝶です。
Img_3642
これは『ヒカゲチョウ』です。名前のとおり日陰を好み、木陰を渡り歩いているようです。日本固有種で公園ではよく見かける種類です。
翅裏は薄茶色で前翅には2つの眼状紋がありますが内ひとつは消えていることが多いようです。後翅には大小6つの眼状紋がありますが、内2つが大きく良く目立ちます。
Img_3258
次は『クロヒカゲ』です。ヒカゲチョウより更に暗い山中を好むようで公園では個体数はヒカゲチョウより少ないようです。
翅裏は茶色で眼状紋はヒカゲチョウと同じですが、クッキリしており時に周囲が写真のように青く輝いていることがあります。後翅のこげ茶の筋が眼状紋に沿って入り込んでいるのも特徴の一つです。
共に翅表をじっくり見たことがないのですが、濃い茶色になっていて模様も無いということです。
両種とも幼虫の食草は笹類で生息環境も似ています。


鳥の広場近くで今年も顔を出していました。
Img_3584
『ニオイワチチタケ』というベニタケ科のキノコです。
ありふれたキノコのようですが、香りに秘密ありで、観察者に紹介すると皆さん口をそろえて『カレーのにおいがする』と言います。
Img_3585
この場所にはコナラの老木があるのですが、場所が気に入ったのか毎年出てきます。年々数も多くなっているようです。
皆さんも立ち寄られたら、一度臭いを嗅がれたら如何ですか?


樹液に集まる虫さんを続けます。蝶ではタテハチョウの仲間が特に樹液を好むようで、樹の周りをヒラヒラ飛びながら、樹液のたくさんでそうな場所を物色していることがよくあります。
Img_3472

アラカシに来ていた『ルリタテハ』です。上の写真では『ヨツボシケシキスイ(手前)』と『ヨツボシオオキスイ(向こう側)』が一緒に写っていますね。
Img_3641

こちらはケヤマハンノキに来ていた『ルリタテハ』です。翅を広げると見事な瑠璃色を見せてくれるのですが、全くその気配はありませんでした。
Img_3694

こちらは『クリ』に来ていた『ジャノメチョウ』です。いくら近付いても知らん顔、夢中で樹液を吸っていましたよ。


このページのトップヘ