く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2014年03月

公園の春も歩みを進め、そこかしこにスミレの花を見ることが出来るようになりました。スミレの同定は素人の私には難しすぎますのでスミレとだけ紹介しておきます。


Img_0780


Img_0781


スミレ1です。


Img_0800


Img_0801


スミレ2です。


皆さんも公園でスミレを探してみましょう。これからたくさんの種類のスミレが顔を見せてくれますよ。






続きを読む

公園のミツマタも花を開き始めました。今は6~7分まで咲いているのではないでしょうか。


Img_0774


ミツマタは沈丁花と同じジンチョウゲ科の落葉低木です。枝が3つに分かれて成長していくことからこの名前が付けられています。和紙の原料として今も利用されなくてはならないものです。


以前紹介したトサミズキの花が満開になりました。


Img_0789


Img_0790


林の生態園の湿地の片隅で枝を広げいっぱい花をつけています。年々木も大きく成長して見ごたえがあるようになりました。






続きを読む

この時期は1週間ほどで公園の様子がガラリと変わってしまうほど、季節の歩みが早いようです。


かやぶき民家前にあるヤマナラシの花が満開になっていました。


Img_0782


Img_0783


Img_0785


ヤマナラシはヤナギの仲間ですから花と言っても地味系の花です。しかし、満開の木を見ると思わず声が出るほど見事に咲いています。


この木はおそらく植栽ですが、日本各地に自生していて、和製ポプラと呼ばれています。ポプラの葉によく似たスペード型で葉柄が長く、風が吹くと葉同士が擦れて音を出すことから、山鳴らしの名前が付けられたようです。


地味な花を見た後目を落とすと、シデコブシの名札をつけられた木がすぐそばにあります。


Img_0787


Img_0786


これから花が次々開いていきますが、先程のヤマナラシとは正反対で見事な艶やかな花をつけます。


この木は日本の固有種で愛知三重岐阜の3県に自生しているそうです。(Wikipediaより)


続きを読む

ミチタネツケバナの群生に出会いました。名前のとおり道端で咲いていました(名前を付けた人えらい!)。


Img_4667_3


湿った場所を好むタネツケバナと違い公園中で見ることができます。


Img_4663_2


おやおや、もう花が咲いていました。ヒサカキです。山歩きの途中少し葉をいただいてお茶の代用にしたりして・・・・善い子は真似をしないでね。


Img_4642_2


これは㊙映像です。公園のとある場所にしかありません。特別公開(ちょっとオーバー)のタマゴケです。かわいい蒴が伸びていました。






続きを読む

春の訪れを待ちかねて公園を歩いてきましたが、まだ少し早かったようです。


Img_4670


Img_4671


トサミズキの花です。花房がまだ伸びていませんでした。


Img_4661


ショウジョウバカマの花です。こちらもまだつぼみが膨らみ色づいた程度で開花にまでは至っていません。


Img_4631


Img_4632


それにミツマタの花これもほんのり色づいていますが、開花はまだ先になりそうですね。


続きを読む

昨日の山歩きでは日当たりの良い山道のあちらこちらでテングチョウを見ました。


テングチョウの乱舞と言ってもよかったかもしれません。歩くたびに飛び舞います。


Img_4635


Img_4653


地味な色合いの蝶ですから、あまり目立たないのですが、これが瑠璃色だったら、多分マスコミネタになりそうな状態です。


この蝶にとってはこの地味さが幸いしているのかもしれません。


越冬蝶ですから、目覚めて間もないのかもしれませんが、2頭が絡み合うシーンも見ましたのでもう繁殖に入っているのでしょうか。


続きを読む

春らしい陽気の中公園を歩いてきました。


しばらく行かないうちにずいぶん自然は様変わりをしていました。道端の野の花の様子です。


Img_4645


Img_4636


オオイヌノフグリはカメラのファインダーの中で素晴らしいお花畑を演出してくれましたよ。


Img_4647


その他に土手のスミレもそこかしこで満開になっていました。スミレの種類を昔は躍起になって調べたものですが、あまりの難しさにギブアップ。いまはスミレとだけ言うことにしています。美しく可愛いスミレの花です。


続きを読む

今年の公園の春はメジロが良く目立ちます。


エナガの群れとともに移動して採餌することが多いのですが、メジロだけが群れて採餌している姿もよく目立ちます。


Img_4547


Img_4550


留鳥の中では一番きれいな色彩を持っている小鳥さんかもしれませんね。鮮やかな緑と目の周りの白いリングが良く目立つ動きの速い元気な小鳥です。


Img_4567


イノシシのミミズ探しも活発になってきました。園内の芝生が荒らされています。この写真のような状態を見たら、それはイノシシの仕業ですよ。






続きを読む

探せば公園にも少しだけ春がやってきていました。花の道の踏み石の周りは太陽で石が暖められて赤外線が出ているのでしょうか、その周りだけは沢山お花が咲いていました。


Img_4562


Img_4566


やはりオオイヌノフグリが一番多く、その次がミチタネツケバナでした。


今強烈な寒の戻りになっていますが、来週半ばには気温が上昇するとか言ってます。本格的な春の到来を期待しましょう。


続きを読む

林の茂みの中から聞こえてくるウグイスの鳴き声を頼りに、その姿をアカマツの木に寄りかかって探していました。


すると私の頭にアカマツの樹皮がひらひらと舞い降りてきました。上を見上げるとなんとコゲラの仕業でした。


Img_4555


Img_4556


Img_4557


コゲラが樹皮をめくっては冬眠中の虫を探しているのです。


ウグイス探しをやめコゲラの撮影に切り替えました。間もなくコゲラもペアリングに入ると思いますが、今のところ単独行動のようです。






続きを読む

このページのトップヘ