く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2014年05月

パークセンター横にある小さなマユミの木。


去年はさほど花がつかなかったのですが、今年はえらい事になってます。


すごい数の花が咲いています。



P1010688


これだけ咲くと甘い香りが周囲に漂います。


人ですら感じるこの香り、虫さんにとっては、すごい誘惑かもしれません。



P1010690


この時は複数のコマルハナバチがやって来て蜜を舐めていました。


この花すべてが結実したら、秋には赤い実がビッシリと成り見事でしょうね。


最近公園で出会った甲虫の中から、甲の赤い2種を紹介します。


最初はクヌギの葉でウロウロしていた アシナガオトシブミ のメスです。



P1010721


おなかが大きいので産卵するのではと、しばらく待っていましたが、気に入らないと見えて動き回るだけでした。


オトシブミの作成シーンを観察できると期待したのですが・・・・。


次は同定が難しい甲虫です。たぶんアカハネムシ科の仲間と思います。



P1010795


体長は10ミリほどの小さな赤い虫さんで、上はオス、下がメスです。


この日は公園のあちこちでこのような交尾シーンを見かけました。


アカハネムシ科の仲間も何種類かみられるようですが、この写真は体型や触角の形から ヒメアカハネムシ ではないかと思っています。


昨日は真夏のように暑い日差しが照りつける一日でした。


旅の疲れがあったのですが、公園の様子が見たくて少しだけ散策をしました。





ターザンロープの広場に差し掛かったところ、鳥撮りさんがお一人 林縁の梢をにらみつけていましたので、そっと近づいて視線の先を見たところ・・・・



P1010849


キビタキのオスです。


綺麗な声で囀っていました。私の耳でも聞こえるほどね・・・・。



P1010877


綺麗な鳥さんで鳥撮りさん達に人気のある夏鳥です。


とりあえず何枚かの写真を撮らせてもらいました。


この公園で繁殖してるんでしょうか? だったらいいのにね。



5月25日より5月28日まで更新を休ませてもらいます。


タンナサワフタギ を調べていてまた頭がこんがらがってきた。


類似する植物にサワフタギ・クロミノサワフタギとクロミノニシゴリがあるそうだ。


過去の観察から公園のこの植物は秋に黒い実をつけているのを確認している。


サワフタギは藍色の実ということで候補から外す。


クロミノサワフタギは老成した樹皮は横に裂け、クロミノニシゴリは縦に裂けるそうだ。


ともに黒色の実ができる。


タンナサワフタギは黒紫色の実ができるが、表面上は黒く見え全2者との区別は一見だけでは無理と思う。


去年の秋、ナツハゼの実を試食するときたまたま横にあったこの実を食べて吐き出した人がいた。


その時見比べてみたら色もそっくりで臍の部分にナツハゼと同じような萼の名残がついていた。


これは間違えるよなと大笑いした記憶がある。



P1010547



P1010740



果実に萼の名残があることや葉の鋸歯の形などを考えると、この木はタンナサワフタギであると確信を持った。



P1010550



シロシタホタルガ
 の幼虫は今年もたくさんいておいしそうに葉を食べていた。


彼らにとってはこの木の名前はどうでもいい、親が間違いなく食べられる木に産み付けてくれたのだから。



最近出会ったトンボさん。


トンボは同じ場所に何度も止まってくれます。


飛び去ってはまた戻ってきます。


近づきすぎると別の場所へ移動しますが、比較的撮りやすい相手かもしれません。


福島大池北側の水路付近でよく見かける シオカラトンボ シオヤトンボです。



P1010643


シオカラトンボシオヤトンボのオスです。



P1010646


シオカラトンボシオヤトンボのメスです。



P1010522


これは写真だけの判断(素人の強み)で ホンサナエ のメスです。


ヤマサナエには過去に出会ったことありますが、ホンサナエは初めてだと思います。


(さえちゃんからご指摘を受け、訂正しました。


今年はまだシオカラトンボに出会っていないことになりました。探すことにします。)


福島大池横の林縁には人気者の木が何種類かありますが、これはその一つ。


ツリバナ です。



P1010638



去年はさほど花が咲いていませんでしたが、今年はふと見上げると今まで見たことないほどたくさんの花が咲いていました。



P1010639



花と言っても地味な緑系ですから、ほとんど気づく人はいないでしょう。


でも花の後に出来る実は赤く色づき、5つに割れて花弁のようになって赤い種子をぶら下げます。


そうなると俄然目立って、行きかう人々も気づき、写真のモデルをお願いしているようです。


秋にこの花がどの程度結実するか分かりませんが、その時を楽しみにしています。



センター前のヤマボウシの総苞片も広がり、白さも増してきました。


花はどうかなと一つ一つ確認してみましたが、まだ開いているのは有りません。


花を探していると、葉の上にジッとしていた ヒメスズメバチ を見つけました。



P1010531



オオスズメバチの次に大きいというだけあって体長は優に30ミリを超えていました(実測したわけではありませんが)。


しばらく見ていましたが、葉の上についている蜜(アブラムシがふりまいているのでしょう)をひたすら舐めているようでした。



P1010535



おとなしいとはいえスズメバチです。


私の動きに合わせて向きを変えた時は思わず後ずさり、早々に引き揚げました。


ガーデン階段の満開の平戸ツツジの蜜を求めてたくさんの虫が集まっています。


その中から撮影に協力的だった コチャバネセセリ です。



P1010565



P1010570



セセリチョウの仲間でも翅裏の翅脈がスジ状になってよく見えることから見分けは容易です。


この日は多くのコチャバネセセリがきてました。




蝶の写真を撮っていると ゴミグモ を見つけました。


ゴミグモは綺麗な同心円状の縦網を作ります。


その中央に脱皮殻やごみを集めて中に身を隠して獲物を待つようです。




P1010575



P1010576



一見、ごみが蜘蛛の巣にかかっているとしか見えませんが、横から見ると蜘蛛の姿がよくわかります。


この時は巣をつくっている最中にお邪魔したようで縦糸しか張っていませんでした。



P1010613



別の場所で見かけたゴミグモの姿です。



緑に輝く有馬富士を真正面に臨むガーデン下の道端に小さなエノキが1本立っています。


今そのエノキがえらいことになってます。


沢山の芋虫ちゅうか毛虫?ちゃうちゃう棘虫というべきか。



P1010590



P1010589



P1010591



とにかく ヒオドシチョウの幼虫 が群がってムシャムシャと葉を食べています。


葉は間もなく食べつくされ、幼虫たちは空き腹を抱えてさまよう羽目になります。


こんな小さなエノキに卵を産んだ親もまさかまさかの孵化率で子供が大きくなってしまった・・・誤算です。


100匹を超えるだろう幼虫たちのうちあの綺麗なヒオドシチョウになれるのは何匹でしょう。


自然界の淘汰はうまく作用しているようですね。


エノキの方は少しは成長が遅れるでしょうが、予備の葉を出して何事もなかったようにこの場にたたずむはずです。植物は寛大な心を持っています。


このページのトップヘ