く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2017年10月

一昨日の台風の夜は一睡もできませんでした。

なんせぼろ屋ですから、強い風で家が揺れるのです。

まあ、幸いにして倒壊は免れましたが・・・

三田のアメダスによると最大風速は39.6m/secでした。
我が家はアメダス地点よりも60mほど高い場所にありますので、もっと強かったようです。

雨量は台風だけを考えると120㎜位ですから、さほど多くはありませんでした。



先程マイフィールドの様子を見てきました。

いたるところで倒木また倒木・・・・
P1190613


P1190617


河川周りは手付かずでしたが、運動公園脇の高さ20mほどのユリノキ3本は本日利用者があるので、既に処理されてました。

P1190624


心配していた川原のオオオナモミは半分くらいは残ってましたが、水の流れが速く今のところ近づけません(-_-;)

このところ3日間は下見、本番、準備と休む間なく活動してました。

先週のギックリ腰2発も大過なく持ちこたえることができました。

といっても、痛み止めを飲んでますが・・・・。


さて秋の子どもたちの環境学習も多数の学校がエントリーしてくれてます。

学習テーマは季節に応じて変更してますが、中秋はなんといってもひっつき虫を外すことができません。

ということで、今日はひっつき虫の話題です。

もうアレチヌスビトハギの節果は完熟で黒くなってます。
フィールドを歩くだけで、足元はひっつき虫だらけ、雨カッパのズボンをはくとつかないから後始末が楽ですね。

アメリカセンダングサの実はまだ若いのですが、1本だけ熟してるのがありましたので、持ち帰り拡大鏡で観察しました。
P1190565

見事な逆さトゲトゲ・・この様子を子どもたちに説明するのに適切な言葉が見つからずこんな風に表現してますが・・。
DCHD0001
我々の世代だと、銛といえば通じるのでしょうけど・・・(^_-)-☆


川原のオオオナモミはまだ若いのですが、熟したら、採集するつもりです。
ただ台風の雨で水かさが増すと近づけないので心配してます。
P1190567

このひっつき虫はフックと表現してます。
かぎ針の方が適切だと思うのですが、これも今の子どもたちには分からないようです(-_-;)


おまけの写真は虫さんです。

P1190580
アキノキリンソウの蜜を求めて・・・ホソヒラタアブでしょうか?


P1190578
松の木を登っていたササキリの雌。どこへ行くつもりでしょう?


P1190573
こちらは今年は不作のサネカズラの実で見かけた、クサギカメムシのようですね。



あ‥それからマイフィールドの池にもヒドリガモの群れが到着しました。今のところ20羽くらいです。
P1190544

こんな見事な秋雨前線の停滞は初めての経験カモ。

とにかく一日中雨がやみません。しかも低温。毎日炬燵に入ってます。

ブログを書こうにもネタもなく、あちこちのブログを訪問して時間をつぶしてますが・・・


今日は在庫からとりとめもなく画像を引っ張り出しました。


ドングリもたわわに実ってますが・・・これはスダジイのドングリです。
P1190541

実るとすぐに落としてしまうので、この姿を記録にとどめました。


低温湿潤できのこがあちこちに出てると思います(歩いてないから想像だけ)。

これは先日の写真ですが、今年よく見かけるカキシメジと思われるキノコです。
P1190540

いかにも食べられそうですが、毒キノコの代表格・・・(@_@)

今週は2度にわたり軽いギックリ腰を経験しました。

日常の何気ない動作。
一度目は朝食を終えて立ち上がった途端。
2度目はゴミ出しついでに道路の落ち葉をつまんでいた時。

昨夕、かかりつけの整形外科を受診したところ、ボルトで固定された脊椎の上下に負担がかかって神経を刺激した可能性を指摘されました。

この可能性については一番恐れていたことなので、少しブルーになってます(◞‸◟)

大げさに言えば脊柱管狭窄症の再発ということになるのですが、もう手術はしたくないですものね。

今後は日常生活で難しい対応が必要になりそうです。
腰に負担のかかる姿勢動作さえしなければいいわけです、口で言うのは簡単なのですが…。


先程本当に久しぶりに歩いてきました。平地ばかりを選んで歩きながら自然観察。

写真撮影も直立姿勢(^_-)-☆周りで見ていたら、吹き出しそうな格好ですね。

P1190537

ヨモギの花も終わりに近づいていますが、その花にたくさんのはむしがついていました。

P1190536

ヨモギについているから、多分ヨモギハムシでしょう(^^♪

P1190538

お腹の大きな子もいました(^_-)-☆

最近ヒラヒラと飛んでる姿をよく見かけていたウスバツバメが止まってました。

P1190539

きれいな蛾ですね。メスのようです。

いい天気が続いてますが、最近歩けども歩けどもいいネタには巡り合いませんでした。

今朝は久しぶりにいいネタです・・・チカラシバの穂が朝露を集めてきらめいているのですが・・

そこにかなり大型のカメムシがいました。
P1190522

キマダラカメムシです。
P1190525

私にとっては初見の代物・・・じっくり観察してました。

1770年に長崎で発見された、南方系の外来生物のようです。

今までは九州沖縄でおとなしくしていたのが、2000年代になってからはどんどん北上してるようです。


今は関東にもいるそうですね。




冬の寒さの厳しい三田にも現れました。



どんよりとして今にも雨が落ちてきそうですが、午前中は何とか持つそうです。

今フィールドを一巡しましたが、大勢の人が歩いてました。午後歩く予定の方も午前に変更したのかもしれません。

気温はさほど高くはないのですが、一巡すると汗がじっとりと出てきます、湿度が高いからでしょうか。

P1190492
キノコには最適の気候と思われるのですが、このところ見るのはこのテングタケばかり、19日はキノコの観察会があるのですが・・・



今日は最近の虫との出会いをまとめました。ありふれたものばかりですが…。

これは山道で出会ったミドリヒョウモンのようです。
P1190470
気温の低い日でしたので日光浴をしてました。


これは昨日出会ったワンシーンですが・・・ジョロウグモに小さな小さな蝉が捕まってました。
P1190484
多分チッチゼミと思います。初めての出会いなのですが、このような状態とは・・・


これは先程出会った大きな蛾です。
P1190490
多分クスサンと思うのですが。



P1190494
そしてこちらはカメムシの幼虫ですが、若齢幼虫はアリに擬態していると言われるホソヘリカメムシ。


P1190496
5齢位でしょうか。

昨夜は中秋の名月だったようです。

早速私もカメラを持ち出して、寒い中お月さんを撮ってました。
P1190482

「田毎の月」という言葉があるようですが、今朝のブログを拝見していると、「ブログ毎の月」の様相でしたね(^_-)-☆

私もその仲間に加わりました。


昨日有馬富士に久しぶりに登ってきましたが、帰りの道端で見かけた草花を載せてみました。

もう花の時期は過ぎていたようですが、それでもちらほらと目を楽しませてくれました。

P1190445

これは花後のオトコエシト思われます。変わった形の実が出来ていますね。

P1190446

その横にあった白い野菊。
山道のあちこちで今盛りを迎えているのですが・・・・
P1190447

多分シロヨメナということで・・・


これは今見ごろを迎えていました。
P1190455

アキチョウジでいかがでしょうか。

P1190456

こちらはもう終わりに近づいているヤクシソウのようです。

P1190444

そしてこちらは花が終わりひっつき虫になったキンミズヒキです。

今日は気温が下がるという予報・・・それを信じて、先程有馬富士に上ってきました。
P1190464

予報通りの寒いくらいの冷たい北風が吹きつけていました。
P1190440

山登りには最適の季節の到来ですね。

今日は中秋の名月と言ってます。お月様のお顔を拝めそう・・青空が広がってます。

それとは別に72候では10月3日が48候の「水始めて涸るる」その次の49候は10月8日で「鴻雁来る」なのですが・・

P1190436
今日、10月4日、有馬富士公園の福島大池にはヒドリガモが10羽ほど飛来してました。例年よりもかなり遅いですが…。


道端の景色・・・


P1190439
アケビの実が今年は豊作のようです。大きいのがぶら下がってました。



P1190460
これは赤とんぼ…何トンボかな?


こちらはオオカマキリの交尾です。
P1190462

首尾よく交尾出来たはいいけど、この後彼の運命や如何に・・・・(*_ _)

朝から強い雨が降り続いています。でもって、散策は中止、先程家内とともにお買い物に出かけた以外はPCとにらめっこしています。



8月末にガラケーの更新をした際にタブレットを衝動的に契約してしまったのですが、一か月たった今PCとの違いに戸惑い続けています(^_-)-☆


まず、データー使用量に制限があることにびっくりです、PCでは無制限ですから、何の躊躇もなしに使うことができるのですが、スマホやタブレットではそうはいかないようですね。

当初契約で私の器械は2GB/月でした。最初の一月はその範囲内で収まっているのでほっとしてるのですが、これから野外で使用することが多くなるとどうなることやら…自然観察案内時の強力な武器になることは明らかなんですがね。


家の中で使う今はWifiだから、使用データー量が減る心配はないと思っていたのですが、そうでないことが分かりました。

いつの間にかデーターが減っていってるんですよね。

不思議なこともあるものだと、調べたら、スリープ状態にしたら、Wifiから4Gに変わるようです。

スリープ時にアプリのアップデートなんかがあるとデーター量を食われてしまうことになるようです。

それに気づいた今は4Gデーターアクセスを無効にしてますので、もう減ることはないはず・・・・です(^_-)-☆


今日は散策してませんので、過去の蜘蛛の円網の写真を載せることにしました。

円網と一口に言っても色々ですね、特にジョロウグモに至っては、これ本当に円網と首をひねりたくなります。


これがジョロウグモの円網です。


P1190408


行ったり来たりしながら網を張っていくんですね、この円網の形をなんというべきか思いつきませんでしたので、子どもたちにはブーメラン式と言ってるのですが、ほかに良い呼び名はないものでしょうか?



こちらはゴミグモですが、見事な円網で渦巻式と呼んでも支障ないでしょう。
P1190411


こちらも渦巻式のナガコガネグモ、この写真を撮った時は夜露がついて重くなって垂れまくってました。
P1190410


そしてこちらは水平円網です。シロカネグモですが、これも渦巻式でしょう(^_-)-☆

P1190242

今朝は冷えていました。久しぶりの8℃台、4月下旬位でしょうか。
でも暑さを乗り越えてきた今の方が寒く感じますね。

朝方マイフィールドを一巡してきました。

P1190418


もうセイタカアワダチソウの花が咲き始めています。

P1190419




P1190422

クズの花も終わり、今は豆果がついています。

P1190423

毛むくじゃらの豆果には朝露がびっしりとついていましたが、そこで虫さん発見!


これはカンタンのようですね、雌でしょうかお腹が大きくなってます。
P1190424

その横にはハラビロヘリカメムシの幼虫がいました。

両種ともクズの実が好きなのでしょうか? 

このページのトップヘ