く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2018年07月

猛暑復活かな・・・そんな予感がする今日の日差しです。

今日は午前中集団検診を予約してましたので散策はお休み。


75歳になると当市はがん検診も含めて無料になりますので、今回は集団検診に参加することにしました。

この時季に予約するのは命がけですね(^_-)-☆
なんせ、10時間前から水分をとれないし、もちろん朝食も採れないのですから(*_*;


今日の観察記録はカメムシの幼虫です。

カメムシほど幼虫と成虫の姿かたちの違いが大きいのはいないのではないでしょうか。
しかも、幼虫も齢によって全く違った形をしてるので、私のような素人にはお手上げです。

今日は比較的わかりやすかった2種類です。

4f531627.jpg

キバラヘリカメムシの幼虫です。


c8d6b0fa.jpg

こちらはその成虫。


次はキマダラカメムシの幼虫です。
f50a60ce.jpg



そしてその成虫。
d79e12e9.jpg



いずれも全く違う種類と思ってしまうかもしれませんね。



カメムシの遠い親戚のセミたちもにぎやかに合唱してますが、昨日の朝ツクツクボウシの声が聞こえてきました。季節もゆっくりではありますが、進んでるようです。

234a42f9.jpg

2日前には姿を撮ってました(^^♪


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

逆走台風が去って、平穏さを取り戻してます。

マイフィールドの被害、高さ10mほどのモミジバフウの樹が半分ほどのところで折れました。
d38aecfc.jpg


前回の大雨で崩れた斜面がさらに崩れたようで、傷跡がブルーシートから見えてました。
34eae9d0.jpg


昨日は台風が去り、青空が見えてきたので、少し歩いていました。


クサギの花が咲き始めました。
3634d991.jpg

咲きはじめは雄蕊が上を向き、

5070b06c.jpg

咲き終わりには雌しべが上を向く動きがあるようで・・・


これも自家受粉を避ける意味があるのでしょうか?


eeff6df7.jpg

ノシランの花が咲き始めてます、あまり綺麗とも言いにくい花です(^_-)-☆


99208b82.jpg

こちらは栃の実・・かなり大きくなってました。



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

最近あちこちで見かけます。

緑色の綺麗なブンブン。

綺麗な色と、丸いからだ何となく愛嬌があるように見えるのですが・・

実は大変な食欲を持ち、木の葉をむさぼり食べ、害虫に位置付けられてるようです。

176c13ec.jpg

フィールドで出会ったアオドウガネはアジサイの葉を食べていました。

ad06699c.jpg

うちの庭にあるサクランボの葉もボロボロにされていたので探すと、やはりこ奴がいました。

食べながら雲子をしてるから、際限なく食べられますね(*^_^*)


他のコガネムシとの見分け方・・・
23587820.jpg

尾節外縁に綺麗に並んだ毛です。


マイフィールドの林縁にある真竹がこのような枝を出していました。

c0650792.jpg

竹類天狗巣病に侵されているようです。

近い将来、枯れてしまうことでしょう。



本日もご訪問いただきありがとうございます。又のお越しをお待ちしています。

昨日は5時過ぎから、結構強い雨が降ってくれました。一時間雨量はアメダスによりますと、16.5㎜でした。

気温も急降下して、ありがたかったですね。


今朝気温は低いけど、湿度は高いフィールドを一巡しました。

雨を喜んだのは、私だけではなかったようで、沢山のカタツムリが活動してましたよ。
9f8d408e.jpg



クチベニマイマイでしょうかね・・・

b8bee13e.jpg


撮っていたら、奥の方に小さな小さなニホンアマガエル。


こちらのマイマイの殻には小さな小さなマイマイの赤ちゃんらしきものがついてました(矢印)。
7077e96a.jpg

こんなのは初めて見ました(^_-)-☆

おまけの写真です・・・・
雨で生き生きしていたツユクサに、ヒラタアブの仲間が訪れていました。
5946f30c.jpg


476ae355.jpg


何ヒラタアブなのか分かりませんが・・・・。


それから昨日はペインクリニックの予約日でした。

この1か月全くの痛み知らず・・・先生も気をよくして、卒業させてくれました。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日の三田地方は再び気温が体温ラインまで上昇しました。

週末には台風の直撃を受けるようなのでまだまだ試練は続きそうです。



今日の観察記録は、毛虫や蛾・・・見るのも嫌だという人も多いと思います。

ご注意ください




河原にオニグルミの樹がありますが、今年は天幕毛虫にとりつかれたようです。
48ff9432.jpg


天幕毛虫と呼ばれる毛虫はいろいろあります。

有名なのはアメリカシロヒトリ通称アメシロやらオビカレハの幼虫ですが、このオニグルミにはトサカフトメイガの幼虫が隔年、大発生してます。
f8c66c01.jpg


当然葉はすべて食べつくされますが、再生しますのでさほど害はないようですね。

成虫を見たいのですが、まだ出会うことがありません(-_-;)


散策路脇のコデマリの葉に白っぽい蛾が2頭いました。
87166b9a.jpg

交尾中でした。

これはモンクロシャチホコのようです。

交尾後メスはたくさんの卵を産むでしょう、食草はソメイヨシノ・・・。

2年前には数十本のソメイヨシノの葉が食べつくされたのですが・・

今年もそうなるのか・・
b1e3c6f1.jpg

これがその幼虫です。

葉が食べつくされてもソメイヨシノは素知らぬ顔で再生しました。(あんたは偉い!!)

ちなみにこのモンクロシャチホコの幼虫は昆虫食マニアの中では有名で、桜のクマリンの香り(桜餅の香り)がしてとても美味だとか・・・試す気はありませんが(^_-)-☆


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

以前マイフィールドには3種類のガマがあることを載せていましたが・・、その3種類目最後にコガマの穂が実り始めました。
149a4263.jpg



他の2種類に比べて1か月ほど遅れるんですね。
順番としては、最初にガマの穂が、その次にヒメガマの穂が、最後にコガマの穂のようです。


同時期のガマ、ヒメガマの穂の状態の写真を合わせて載せておきます。

6221d35e.jpg

ガマの穂です。


c1baa202.jpg

ヒメガマの穂です。


adc819a6.jpg

コガマの穂です。


これだけ暑さが続くと、キジバトも水浴びをしたくなったようで、人目をはばからずやってましたが、
c405caa4.jpg


547fa7f9.jpg


db40bbec.jpg


d9be2882.jpg


カラスなどと違いお上品に水しぶきを上げることなくやってました。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

林縁を歩いていたら・・

顔と胸に白い毛のある黒い大きな蜂が3匹大喧嘩をしてました。


アッ!これはあのファーブルでも有名な狩人蜂の仲間。クロアナバチに違いありません。

それにしても蜂同士が死闘を繰り広げるなんて・・・

しばらく観察してると、やや大きな蜂に他の2匹が襲い掛かっては邪険にされ大騒ぎを繰り広げているようでした。

そのうち他の2匹のうち1匹は見えなくなり、この大小2匹の争いになりましたが・・
b7b10e4b.jpg


249b0b59.jpg


これからの記載は想像です。
多分嫁さんになってほしいとオス2匹がプロポーズしメスにアタックして拒否されている様子。
オス1匹はそそくさと退場しましたが、残る1匹はしつこいプロポーズ。
f7b87422.jpg


5afc83c1.jpg


8b5bcdb2.jpg


延々と続く恋の駆け引きにこちらがいやになって、途中退場しましたが、結末も気になりますね。

気の合った雄雌が交尾をして、メスは子孫を残すのですが・・
狩人蜂ですから、獲物はキリギリスの仲間ツユムシが多いようです。麻酔を打って巣穴に運び込み卵を産んで子どもたちの餌に供します。


しばらく歩いて池のほとりに来ました。
81ca9f0d.jpg


と・・・なんとこの3年間姿を見ず絶滅したと思っていたチョウトンボが1頭姿を見せてくれました。

f95e8d93.jpg

でも1頭では子孫を残せないよね・・



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

歩いていたら・・・
足元に白い蝶が・・・
1261377d.jpg


ウラギンシジミのようですが・・向こうからやってきて、逃げようともしません。

こちらが少し後退して、翅を広げてくれるのを待ってました。

049fb936.jpg


広げ始めました。
7cf0272e.jpg



チラリと、赤い色。
9f4f7921.jpg


綺麗なオスのようでした。


アラカシの樹液を求めて何か来てるかな‥?

久しぶりに、コムラサキが2頭。

これも翅を広げてくれるのを待ってました。蚊に喰われながら・・・(-_-メ)
857ca7a7.jpg


右の方は全開してくれましたが、左の方はなかなかしぶとく、チラリと見せる程度。

右がメスで、左がオスのようでした。


花が終わったアジサイにぶら下がっていた、アゲハチョウ。
fee51a1d.jpg



後翅の突起がなくなってしまって、新種かと思いました(^_-)-☆



おまけの写真はミソハギの花です。
2631cb99.jpg

咲き始めました。

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

今季まだ蝉の姿を見てませんでした。

抜け殻はたくさんあり、鳴き声は聞こえてくるのですが・・・姿が・・


昨日はフィールドでセミを探してましたが・・


蝉の代わりにこんなのが・・

キマダラカメムシの成虫のようです。
b771d7fe.jpg


外来種で最近の温暖化で勢力拡大中だとか・・・

1de8ddd7.jpg

繁殖にも余念がないようですね。


dafe967c.jpg

そのそばにハラビロカマキリの坊やが・・・まだ小さい獲物しかゲットできないでしょう(^_-)-☆


結局蝉が見つからずに、引き上げました(-_-;)


夕方になって、庭で水やりをしていたら・・・

なんと柿の木にクマゼミが・・・オスのようですが、鳴いてません。
a584b5de.jpg



c4bad6d7.jpg

暑い時は木陰で休んでるんですね。

労せずして写真をものに出来ましたよ(*^-^*)


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

家にいても熱中症になると、気象予報士のお兄さんが言いますので、昨日は思い切って昼下がりに野歩きをしてました。

暑い日でしたが、空気中の湿気が少なかったのでしょうか、景色がクッキリハッキリしてました。

その分日差しが強く感じられましたが、風もあって木陰に入ると気持ち良かったです。


今年もナガコガネグモの姿をよく見かけるのですが、いつも目に留まるのはメスの姿・・・

それじゃオスはどこにいるの・・


目を皿にして探してみました。

c134e7fd.jpg


この写真の丸で囲んだ場所にオスとメスがおります。

ジョロウグモと違って、やや離れて独自の円網を構えているんですね。

体格もさほど差がないようですが、このメスもこれから何回か脱皮して大きくなるでしょうから、やはりメスの方が立派な体格をしてるのかもしれません。


3dbb30e2.jpg

これがメスで、


9ea3b4ef.jpg

これがオスです。


その他の観察記録です。

77fa3c45.jpg

草刈り後セイヨウミヤコグサが再び花をつけていました。

30e41a11.jpg

栗の実がかなり大きくなっていました。

4b620824.jpg

ヤマモモの葉にキアゲハが止まってました。
何をしてるんでしょう・単なる休憩でしょうか?

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

このページのトップヘ