く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

2019年07月

今日は選挙の日。

三田市では参議院選挙のほか、市長選挙と市議会議員補欠選挙があります。


腰は痛いですが、杖を突いて出かけることとします。


今日の観察記録はゾウムシとムシヒキアブです。


コフキゾウムシは以前に記載しましたので、今日は漏れていたもの・・


私の大好きなゾウムシ・・・オジロアシナガゾウムシ・・です。

P1080311

このユニークな姿かたち、名前は野暮ったいですね。

P1080312

私がつけるなら「パンダゾウムシ」にしますけど・・(*'ω'*)

P1080313


次は大型のシロコブゾウムシです。


葉裏に隠れたので、もち上げてモデルになってもらいました。

P1080317

ツーカット撮影した後、ポロリと落下・・・お決まりの逃避行動です。

P1080317

いくら探しても見当たりません(-_-;)



最後はムシヒキアブの仲間では一番の美形・・・・


アオメアブです。

P1080464

昔このアブの写真を撮って コンクールに応募して、展示してもらったことのある 記念すべき被写体です。


本日はこれにて (⌒-⌒)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

私事ですが・・・昨日の朝ごみ出しの途中に腰にピリッと痛みが走り、ぎっくり腰になりかかってます。


昨日は車の定期点検やらで忙しかったので、そのまま過ごしたのが悪かったのでしょうか、今も腰に力を入れられない状態。


今日は少し安静にしているつもりです。



さて、最近野歩きをしていると、あのホバリングの上手なヒラタアブの仲間が花粉を貪り食っているのをよく目にします。

P1080289

そしてほとんどがお腹が膨らんでいて、妊娠しているようです。花粉で栄養補給でしょうか・・・

P1080423

ハナアブ科の成虫は花粉食なのですが・・・幼虫は肉食。


ヒラタアブの親は子供たちの餌になるアブラムシがいるところへ卵を産みます。

P1080308

アブラムシも防衛のために用心棒を雇ってます。アリさんですね。


まだ産卵しているところを見てませんが、次回はじっくり観察して卵を見つけてみましょう(*^^*)


この日は少し変わったのを見ました。


まだ卵の殻にしがみついているキマダラカメムシの幼虫です。

P1080292

小さい時はこのように固まっているときが多いですね。



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

外は雨です。本降りです。


ゆっくり進む台風5号の影響で前線が刺激されているようで、この調子だと梅雨明けもかなり遅れそうですね。


今日のブログは今まで漏れていた野鳥の記録です。ありふれたものばかりですが・・・


最近はこの春に巣立った若鳥がにぎやかにフィールドを飛び回ってますが・・・年々撮るのが下手くそになってしまっている自分に気付かされます(^^♪


まず大きな群れで飛び回ってるエナガです。

P1080443

半分は若鳥のようでにぎやかですね。


次はその群れについて飛んでいるシジュウカラ。

P1080438

これも若鳥でした。


ムクドリもファミリーで行動してます。

P1080437

これは・・・若かな?


次は多分ホオジロの若だと思います。

P1080445

何となく頼りなさげですね。


その若鳥たちを狙ってでしょうか、珍しくモズが・・・

P1080457

狩りは失敗ばかりでしたが。


我関せずの留鳥たち。


ハシボソガラス。

P1080144

若鳥は両親に守られて、いろいろ学習しているようですね。


スズメ。

P1080057

今年は繁殖がうまくいったのでしょうか、よく見かけます。


カワウ。

P1080041

マイフィールドではこの時季数が少ないです。


カワラヒワも

P1080352

囀り始めました。


最後はキジバトです。

P1080430

家の前の電線で毎朝鳴いてくれます。「デデーポポー」



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日から超蒸し暑い状態が続いてますね。


昨夜はエアコンなしでは眠れなかったですね。


高齢化で軟弱になったのか、気候が過激になったのか、どちらでしょう。



日々歩く中で蛾の画像がたまりましたので、今日は記録に残しておきます。


Wikipedia曰く・・日本にチョウ目3500種の内蝶は250種、残りはすべて蛾・・・だそうです。


それだけ多いので出会っても初顔が多くて困ってしまいます(^^♪


それでは


葉裏で変な格好でとまっていた

P1080302

キモントガリメイガらしいですが自信度60%。


次は綺麗な大型の蛾

P1080381

ギンツバメ・・自信度100%。


次も大きな蛾 オオウンモンクチバ。

P1080421

上翅にムーミン模様があるのが分かるでしょうか。自信度100%。


次は中型の蛾です。


探し回って、それらしきもの。ウスオエダシャク。

P1080424

自信度80%。


次は蛾とは思えないようなシンプルないでたちですね。

P1080432

一応キシタホソバにしておきます。酷似したのがいるので自信度50%。


以上蛾の記録でした、おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。


とりあえず雨は上がってますが・・今にも降りそうな気配(;´Д`)


平谷川の河原には逸出物が数多く暮らしてますが・・・


今綺麗な花をつけているのは


P1080238
ヒメヒオオギズイセン・・・この河原でもう何年も暮らしてます。


梅雨の鬱陶しさをはねのけるような艶やかな色ですね。


もう一つ、少し遅れて咲いているカキツバタを見つけました。

P1080235

5月ごろには沢山の花をつけていたんですよ。




今日の記録はアキノエノコログサ(多分)です。

P1080333

P1080232
エノコログサと違って草丈も1m弱ほど、大きいですし、穂も長く太く垂れさがっているのが特徴です。

P1080414

詳しくはこの小穂で云々するようですが、素人故ご容赦を。



昨日取り上げていたナンキンハゼの花穂のその後です。

P1080417-side

左は雌花が結実したようですね。右は雄花は終わりましたが、これで雌花が出てくるのでしょうか。

継続観察します。


林縁では沢山のニホンアマガエルの姿を観ることが出来ました。

P1080369
可愛い蛙です(^^♪


おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

久しぶりにオオイタビのところへ行ってみました。

P1080247

沢山の花(実に見えますが)が落ちています。

P1080248

これが雄花なのか結実しなかった雌花なのか、詳しいことは分かりませんが、雌株は少ないと聞いていますし、形から言っても雄株・雄花のようです。


落ちた花を拾って割ってみました。

P1080246

この花の受粉のしくみについては調べた限りどこにも記載がなく分かりません。

でもイヌビワと同じだとすると、コバチが雄花の中に入って産卵し、孵化したコバチは花粉を体につけて脱出、次の花のところへ・・・中へもぐりこみます。


それがたまたま雌花だったら受粉成功で甘い実が出来るということのようです。


入り口の毛(?)の向きを見ればわかるようにかなり入りにくくなってるので、コバチは翅を落としてしまいます。

P1080245

メスのコバチはそこで産卵し、オスのコバチは何をするわけでもなく、一生を終えます。


虫の侵入のなかった花はこのように落下してしまうようですね。



今ナンキンハゼの花が咲いています。


ナンキンハゼは雌雄同株と何処を見ても書いてるのですが・・・本当でしょうか?


マイフィールドでは雌花を持たないナンキンハゼもかなりあるんですよ。

P1080345

P1080254
雌花を持たないナンキンハゼ。


P1080258

P1080253
雌花を持つナンキンハゼ。


自然には不思議なことが多いようですね。



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。


よくフィールドでお会いする方がおられまして、先日からお名前がどうしても思い出せなくて…


今日またお会いできたので恥を忍んでお名前を伺いました。

だいぶ私の脳細胞は融けてきているようです(*^^*)


「さんだネイチャークラブ」のMさんでした。その方に教えていただいたコカモメヅルが今日の記録です。


林縁の樹に絡みついて、全く目立たない、紫色の花をつけています。

P1080367

私一人で何度もこの場所を通っていましたが、全く気づきませんでした。


キョウチクトウ科オオカモメヅル属の植物でよく分岐した花序の先に暗紫色の5深裂の花をつけています。

P1080368

少し湿った林縁の草地で見ることが出来ました。



次の記録はハグロトンボです。

P1080372

湿った林床が大好きなようで、近ごろたくさん見かけます。

P1080203

やぶ蚊も多い場所だけに離れて望遠で撮ってます(^^♪


最近またよく見かけるようになったヒメウラナミジャノメ。

P1080398

この時は向こうから撮ってくれと言わんばかり

P1080399

目の前にとまって、翅を見せびらかしてくれましたよ。



少し先の道路でホオジロが何やら青いものをくわえて振り回しています。

P1080386

何でしょう?カマキリでしょうか。

P1080384

誇らしげですね。



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日午後から今朝未明までシトシトと雨が降っていました。


梅雨らしい降り方ですが雨量は大したことはなかったようです。


雨上がりの今朝 フィールドを半周・・・ネタ拾い(^-^)


最近の雨のおかげでフィールドはキノコだらけ、なかでもこれは姿かたちがキノコらしいキノコですね。

P1080326

名前は知りませんが・・・・


しばらく行くとソメイヨシノの幹に懐かしいものが・・・・

P1080320

セミの抜け殻です(^^♪  クマゼミのようですね。まだ鳴き声は聞こえてきません。


その代りウグイスの声が頻りと聞こえてきます。


木の葉が茂って姿は絶望的でしたが、

P1080325
運よく中学校のグランドのネットにとまって鳴いてくれました。


今日であった花の代表・・・・

P1080328

オオマツヨイグサの花が開いていました。


体育館の花壇の花ですが

P1080342

ヒマワリの仲間

P1080343

それに早くもオミナエシのようですね。



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

先日山道を歩いて見つけたノギラン…


蕾でしたが、もう花が開いているかな?‥と先程山へ入っていました。


足元のコケが雨でぬれて滑りやすいのなんの、今日はステッキを持って行って正解でした。


さてノギランですが、

P1080285

一株は半分ほどの花が開いていました。もう一株はまだすべて蕾・・・・

P1080282

ノギランは名前に蘭とついてますが、ラン科ではなくキンコウカ科ソクシラン属の多年草です。

P1080283

地味極まりない花ですが、毎年見たい花でもあります。



ノギランの花を撮っていたら、ヒヨドリの声を圧倒するかなり大きな声で「ギ~ッ、ギ~ッ」と聞こえてきました。

初めて耳にする鳴き声・・・しばらくして姿を見せたのは

P1080267

アオゲラでした。

P1080270

P1080274
アオゲラの地鳴きは初めて耳にしました。口笛を吹くようなさえずりとは全く違いますね。


今日も補聴器効果絶大(^-^)


おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。


昨夜は一時強い雨が降ってましたが・・ここ三田は7月の今までの雨量はたった39㎜、空梅雨傾向は避けられないようです。


雨が上がって日が差し始めた今朝、マイフィールドを半周してきました。


昨日補聴器の調整をしてもらいまして、林からは鳥の声がうるさいほど耳に入るようになりました。


ひときわ大きく聞こえるのはやはりヒヨドリ、それに隠れて小さく「ツィツィツィ」と聞こえてきます。

P1080214

P1080215
声の主を探すと・・・この子でした。


P1080216
大きなお目目に白いアイリング。


P1080218
サメ色の羽・・


P1080220
白い胸。


多分コサメビタキでしょうね。


マイフィールドにも夏鳥が姿を見せました。




昨日の雨で林床には多くのきのこが・・


これは???

P1080222
一応ヘビキノコモドキにしときます(^^♪


P1080227
そしてこちらは・・アンズタケかな??


いつまでたってもキノコは苦手です(+_+)



池のほとりに立つと、亀が寄ってきました。


ミシシッピアカミミガメだと飛んで逃げるのですが、この子は寄ってきます。


P1080226
甲羅に明確なキールが3本、顔は黒いですね。甲羅の色が薄いのですが・・・


とりあえず、クサガメでしょう。


昔の外来種でニホンイシガメとの交配もあるようです。



おしまい(^-^)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

このページのトップヘ