マイフィールドのフウ(タイワンフウ)の紅葉がピークを迎えていました。
092427ca.jpg


60fcb5b0.jpg

日本に存在するフウの仲間はこのフウ(タイワンフウ)とモミジバフウ(アメリカフウ)の2種類だけだそうで、マイフィールドには両種とも存在しています。
74e8c06c.jpg


フウの葉は3裂、モミジバフウは5裂となってます。

モミジバフウの紅葉はもう終わりになり落葉頻りです。

フウは漢字表記では楓と書くようで、これがフウとカエデの混同を招いているようです。

フウの仲間は両種とも丸い集合果、カエデの仲間は翼果ですから、実を見ればすぐに別種だとわかりますね。

植物学の分類ではこのフウの仲間は今はフウ科、以前はマンサク科。

フウによく似た葉を持つトウカエデは街路樹などに使われていますが、以前カエデ科だったのが今はムクロジ科、でも果実はカエデと同じ翼果です。

植物の分類は最近の研究であっちへ行ったり、こっちへ来たり、ややこしくてついていけませんね(~_~;)


友達のブログでユリノキの翼果をとりあげておられたので私も見てきました。
81660463.jpg


8c7f4266.jpg

沢山の実が出来てますが、翼果はもう散らばって、残された外縁だけが花のように見えていました。
3d9c2e98.jpg



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。