く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

カテゴリ:植物 > きのこ

今日も雨です。

雨の後フィールドへ出るといっぱい・・きのこきのこ。
P1120204

キノコは難しいので避けているのですが、それでも写真がたまってしまいました。

たまったからには整理分類して記録を残さねば・・と思ってやり始めましたが、やはり難しくてお手上げ状態です。
ま・・素人の手慰みと笑って許して・・・・


キシメジ科

P1120205
ナラタケモドキ

P1120228
ハナオチバタケ(褐色種)

テングタケ科

P1120209
テングツルタケ

イグチ科

P1120248
ヤマドリタケ

ベニタケ科

P1270142
アイタケ


P1120201
ニオイコベニタケ

P1120206
オイワチチタケ

アンズタケ科

P1120203
アンズタケ

サルノコシカケ科

P1270138
ヒイロタケ

不明菌

P1270141

以上です(#^^#)


本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

夜寝るときはエアコンなしでは無理なようで・・・


朝起きて居間へ行くと、室温28℃湿度70%・・・・


我々の世代はエアコンを使うことになんとなく後ろめたさがあるのですが、もうそんなことを言っておられない状況ですね。


今日は野歩きはやめました。

先程から扇風機をフル回転させてPCに向かってます。

やはりエアコンを朝から使うのは罪悪感があります(+_+)


最初は先日の野歩きで出会ったキノコの記録です。


マイフィールドでは初めて見ました。

P1250195

多分ホウキダケの仲間だと思ってるのですが・・・よく分かりません。

P1250196

P1250197
食べられそうな雰囲気なのですが、やはり持ち帰りはやめました。



山の端で白い花が咲いているのが見えました。

P1250199

足腰弱くて近づけないので、ズームで撮影すると

P1250200

こんな感じです。ノリウツギかなと思ってますが、如何でしょう。



最近よく出会うようになった

P1250198

サトキマダラヒカゲ・・・かな(*^^*)



他にもたくさん蛾に出会いましたが、目下同定中です。何時になるか分かりませんが、アップします(^^♪



本日はこれにて 



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

この時期見逃したくないものがあるので出かけました。


距離は片道800m、舗装道路ばかりですが、少し起伏があります。


途中の山際で大きなアカマツが・・・

P1240693

全身ヒトクチタケまみれ・・・・

P1240691

ヒトクチタケは枯れた松に生える まるで栗饅頭の様なキノコです。

P1240692

名前の一口(ヒトクチ)は一口で頬張れるという意味ではなく


このきのこが成熟後に開く管孔が一つだけであることから来てます。


この管孔をねぐらにしてる虫さんもいるそうですよ(*^^*)



さてお目当ての見たいものに到着しました。


陽の光に輝くトチノキの花です。

P1240715

毎年見ているので、今年も見たかったのですが、間に合ってよかったです。


丁度満開ですね。


この花序の上部2/3ほどは雄花で、下部に両性花がありますが、写真で見てもさっぱり分かりませんね。


言われていることを信じるしか仕方ありません。


確かに実が出来るのは下部だけのようですが・・・・


無事花を見て家に戻った時はヘトヘトでした。上半身が不安定で腰痛発生です(-_-;)

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日の青空がうそのように、朝からどんよりと雲が垂れ込めてます。

今日は午後から雨の予報・・・花粉症持ちの私にとっては嬉しい雨です。

今朝寝起きから、目がザラザラし、鼻詰まりも、喉のザラザラ感も半端じゃありません。いつもは寝る前に飲む花粉症の薬を朝食後も服用しました。

今日は年2回の歯科検診の受診日。お天気のこともあるし、花粉飛散のこともあるから、車で行くことになるでしょう。

車と言えば、愛知県の方では高齢者の運転免許更新がさばききれずに失効者が多数出るとか言ってますね。

私も前回の更新は何とか乗り越えましたが、次回はどうなることか・・・受講者満杯なのですから話になりませんよね。


今日の観察記録は、先日タチツボスミレを探しに林床を歩き回った時に見つけたツチグリです(^_-)-☆
P1230822

ほとんど歩く人がないから、綺麗な形で残ってました。
P1230823

雨粒が当たると、胞子が出るのでしょうか?


おまけの写真はケヤキの幹で見つけたもじゃもじゃです。
P1230810

地衣類でしょうね、バンダイキノリに似てますが・・



話があちこちに飛んでしまって、しまりのない更新になってしまいましたね。

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

先日国民健康保険料のお知らせが市役所より届きました。

納付方法は以前より、一部普通納付、一部年金引き落とし、全額年金引き落としなど、目まぐるしく変わってきたような記憶があるのですが、今回は、全額口座引き落としになっていました。

全額年金引き落としの額より一回の引き落とし額が少なくなっていたので、喜んでいたら・・なぁ~んだ、引き落とし回数が9回に増えて、一回の額が減っただけでした(◞‸◟)。

今年度中に後期高齢者の仲間入りをするので納付方法が変わったようですが・・・何でめんどくさい変更をするのか…よく理解できません(-_-;)



今日は先日近所の山道で出会ったものいろいろ・・・・

足元でクロヤマアリが大騒ぎをしていました。

IMG_0351
どうやら蝉の死骸を解体しているようです。

まだ鳴き声も聞こえてこないセミ・・・・はかなくも短い生涯を閉じたようです。



梅雨時のキノコがあちこちで出ていましたが、いずれも名前は不明。

とりあえず、写真を載せることにしました。

IMG_0357
シロソウメンタケかな・・・・

IMG_0358
イグチの仲間・・・・

IMG_0353
??????

IMG_0364
ススホコリでどうやろ(^_-)-☆

散策中に鼻腔をくすぐる香りが漂ってきました。

この1週間ほど前からよく匂っています。

で・・・・今日は匂いの元をたどってきました。

なかなか見つかりませんでしたが、やっと目に入りました。



P1160102


ニオイワチチタケのようです。


P1160101



世間ではカレー臭とか言ってますが、もっと甘い感じもします。いい匂いですよ(^_-)-☆

blogでこの香りをお伝え出来ないのが残念です。



そのほか虫さんの出会いでは・・・


P1160100
ヤニサシガメでしょう。


P1160112
こちらは夏型に変わったベニシジミ。


道端の草花・・・散輪坊さんの真似をして、大写しのネジバナです。

P1160103
唇弁が綺麗ですね。


こちらは道端のミチバタナデシコ。
P1160108

イヌコモチナデシコという種と混同されていたのだそうですが、写真がどちらなのか私にはわかりません(-_-;)

今日は午後から大荒れの天気が予報されてます。

今のところ時折太陽が顔を見せる曇り空ですが、蒸し暑さはすごいものです。

フィールドを一巡してきましたが、大汗をかいて体が軽くなるどころか怠くなってしまいました。


林床にはキノコが顔を見せ始めてます。

P1160089

これは・・・・多分・・・・テングツルタケでしょう。

P1160090

あちこちに顔を出してました。

そのほかの出会い・・・・・
ヤマトシリアゲの♀
P1160092

セマダラコガネ
P1160095

ネジバナの蜜を吸いに来たクチナガハリバエです。
P1160097

出会ったきのこ2種類の登場です。


これは紛れもない シロソウメンタケ です。


P1020529


P1020530


素麺の季節になると出てくるようですね(笑)。


名前はその形状から来てるようですが。


綺麗なやや透明感のある白いキノコです。


これは食菌とされています。(山と渓谷社 きのこ 本郷次雄・上田俊穂)



さあ・・困ったのは次のキノコです。


P1020427


P1020429


一応 クサウラベニタケ としましたが、?マーク3つも着けました。


出ていた場所は赤松コナラなどが生える林縁の土からです。


傘は乾いて絹のような艶がある淡褐色です。


柄はツバもツボもなく白色でややしっかりした中空です。


臭いは粉っぽい感じでした。


ここまではクサウラベニタケの性状と一致してます。


でもこのヒダを見ると何となく違います。


キノコの同定は難しいですね。とりあえず毒キノコです。


梅雨になると林の生態園でもたくさんのキノコが出始めます。


キノコに関心を持ってすでに4年が経過しようとしてますが、一向に名前を覚えることが出来ません。


まして、同定会で同定するだけの力量もないのですが、ブログの中では堂々?と名前を付けています。無責任ですね(笑)。


6月上旬に出会ったきのこです。


シロキクラゲ です。


P1020363


P1020366 これは正真正銘間違いなし!!


公園だから持ち帰り禁止!!観察だけです。



これは古いコナラの幹に生えた苔の間から顔を出していた、小さな小さなキノコの群れです。笠の径は5ミリほどしかありません、灰褐色のキノコです。


P1020327 シイノトモシビタケだったらニュースネタですが…。



次は林床に生えていたキノコです。


P1020338 多分フウセンタケ科の仲間と思いますが…思うだけです。


香りは悪くなかったですよ。


今年の春は残念ながらトガリアミガサタケを見ることができませんでした。


ウグイスを見た日にタマキクラゲが出来ていたのを報告しましたが、今日はウラスジチャワンタケの報告です。


ウラスジチャワンタケは名前のとおり裏に筋が盛り上がった茶碗のような形をしたきのこです。



P1010100



P1010095



ノボリリュウタケ科のきのこですが、食べる人はいないと思います。


毎年林の生態園のどこかに顔を見せてくれます。


ことしは階段の木製土止めの際にたくさん出ていました。


枯葉色をしていますから、枯葉が積もった中では探すのに苦労をすると思いますが、探してみませんか。


他のきのこも見るかるかもしれませんよ。


このページのトップヘ