く~ちゃんの自然観察記

身近な自然観察や日々の出来事を気ままに綴っていきます。

カテゴリ:動物 > クモ類

台風9号の影響でしょうか・・・

昨日に続き今日も朝から雨が降ったりやんだり

蒸し暑い日になりそう・・(ーー;)


今日の記録はジョロウグモと居候・・・です。

フィールドのジョロウグモもぐんぐん成長してきました。

立派な円網には必ずと言っていいほど居候がおります。

大きなメスの上にいるのは小柄なオス・・
P1270377

オスは単体で円網を持っているのを見たことがありません。

したがってオスは居候と言われても仕方ないでしょう。


もう一種、少し離れて小さな小さな仁丹粒のようなクモが
P1270378

シロカネイソウロウグモです。

この円網には珍しく2匹もおりました。

拡大したらこんなふうです。
P1270376

ジョロウグモが相手にしないような網にかかった小さな獲物を失敬してます(^^♪

ジョロウグモのメスも居候に押しかけられてご苦労なことです。


本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

明け方4時頃から雨が降ったりやんだり・・梅雨が戻ってきました。

今日の記録は今季初見の

サツマノミダマシと薩摩の実です。

P1120142
サツマノミダマシはコガネグモ科の緑色の綺麗なクモですが

P1120143
その色形大きさが薩摩の実(ハゼの実)に似ているからつけられた名前です。

マイフィールドにはハゼノキはありませんが、

P1270103
ヤマハゼはありますので

P1270102
ヤマハゼの実を撮ってきました。
似てるでしょうか??


今日のおまけは

P1270108
今季初見のニホントカゲです。

P1270110
(頭を見せてくれませんでしたので、前額板がどうなってるのか分かりませんのでニホントカゲとしましたが、当地ではヒガシニホントカゲも現認しています)


もう一つのおまけは昨日うちの前に飛んできた
P1270130

P1270133

コシアカツバメです。


本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

珍しく大雨でしたが、雨上がりの朝少し散歩を。

桜の幹に張り付いたウメノキゴケ
P1260942

そこに張り付いたヤマナメクジ、雨が降って喜んでるようですね。


しばらく歩くと

ツ~ンと鼻を刺す臭い
P1260943

もう栗の花?と思ったら違いました。
P1260944
多分、コジイでしょうかね。よく分かりませんが。


雨上がりの叢にたくさんの円網が・・

P1260950
これじゃ引っかかる虫はいないでしょうけど

真ん中にクモさんが陣取っていました。
P1260953
チュウガタシロカネグモのようですね。

葉の裏で雨宿りをしていたようですが・・
P1260955
検索したらトビイロトラガがヒットしました。

ワカバグモはもう獲物を狙っているようですね。
P1260958
仕事熱心なことで。



P1260926
先日、団居を見つけました。

P1260931
アップするとこんなクモさんです。

まだ名前がわかりません、ご存じの方ご教示頂ければ幸いです<m(__)m>


本日も訪問いただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

昨日の三田は猛暑でした。
36.7℃と全国8位の気温の高さ、もちろん今季最高値です。

今日も高温が続くようなので、家ごもりを決め込むことにします(^^♪

パソコンのトラブルはわりに早く解消しました。今は新しいルーターで快適にWEBにつながってます。


先日の散策の記録を少し・・・・・

元祖ごみ屋敷と言っていいかも。
P1250312
こんなのがありました。念入りに集めたごみで、隠れ家を作ってます。

P1250311
これを作った本人は隠れ家の上の方に鎮座していますが、分かるでしょうか?

マクロで撮ってみました。
P1250316
頭は下です。大きなゴミグモですね(#^.^#)

その他の出会いです。
P1250328
以前取り上げたスズサイコの今・・朝ですから、花は閉じてますが、開花は進んだようですね。
これは夜見たら、豪華な花を見られるかもしれませんが・・

川の流れの中でウシガエルがのんびりとしていました。
P1250330
日焼けを嫌うはずなのに、日光浴をしてるのでしょうか(*^-^*)

それじゃあ

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

いよいよ連休最終日ですね。

連休明けに来るように言われているので、水曜日に整形外科へ行くことにします。

さてどのようなご託宣をいただけるのか楽しみです(^^♪


このところ自然観察は我が家ばかりですが・・


今日は家の道路わきで見かけたクモ2種類です。


最初はクサグモ科のクサグモです。ササグモ科のササグモです。


P1240405


ヒラドツツジの葉上にかなりの数います。


P1240336


これで成体なのかまだ幼体なのか私には区別できないのですが・・・・



次は去年その存在に気付いた、ギンメッキゴミグモ。今年も同じ場所にかなりの数いました。


P1240401


体長3~4㎜の小さな小さなコガネグモ科のクモさんです。


P1240396


綺麗な円網を作ってその中心にいますが、糸がきわめて細いのでまるで宙に浮かんでいるようです。


胴が太陽の光で銀色に輝きます。


その他にもハエトリグモ科のクモさんも見かけましたが、動きが速くて私には撮影は無理なようでした(^^♪



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

今の時期ジョロウグモはオスの姿はほとんど見かけなくなり、残ったメスはあまり繕いもせずボロボロになった網で獲物を待っている姿が多いのですが・・・

網を張るメスにも太ったメスと、そうでないメスが混在しています。

こちらは真丸に太ったメス。
242e6033.jpg


8938b324.jpg

この大きなおなかには沢山の卵が入ってるようです。

そしてこちらはスリムなメス。
42a90701.jpg


e0f4f1b5.jpg

産卵後か、妊娠しなかったのかは不明ですが、お腹はペッシャンコですね。

産卵後とすると、役目を終えてもまだ獲物を狙う・・生命力旺盛ですね。


それにしても両者とも巨大(@_@)足の先から先までは7~8㎝ありそうです。


マイフィールドは草刈りがドンドン進んでいるのですが、まだされていない草むらでこんなのがありました。

af614c35.jpg

違う場所ですが、2か所で見かけました。おそらく同じものでしょう。

87ffe05b.jpg

クモの卵嚢と思いますが、何蜘蛛なのかは分かりません。

草刈りされてしまうので命を繋ぐことは無理なようですが・・・


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

しばらくは朝の冷え込みが続くようですね、今週後半はもう11月ですから当然のことかもしれません。

昨日我が家の植え込みで変わったクモを見つけました。
fea65086.jpg


体長は3∼5㎜ほどの小さな蜘蛛ですが、日光に当たると体が銀色に輝きます。

シロカネイソウロウグモは何度も見てますが、それとは体形が全く異なるクモです。

いかにもコガネグモの仲間らしいたたずまい・・


垂直円網を張りその中央で待機するのはほかのクモと同様ですが、変わっているのは必ず頭を上に向けています。ほとんどのクモは下を向いて待機してますものね。

しかも、中には円網とは言い難い変な網を作るのもおります。
85fa1bbc.jpg


82c38703.jpg

これは雌の横で網を張っていたオスと思われる個体の作った網です。

これで虫を捕らえることが出来るのでしょうか?


0a39f155.jpg

こちらは雌の作った綺麗な円網です。

3a4f64cb.jpg

待機中。

508106db.jpg

行動開始。

ffd29824.jpg

捕食中。



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

今朝はぐんと冷えました。三田のアメダスは10.9℃、散策は手袋ジャンパー姿。

でもしばらくすると、温かくなって手袋はとりましたが。


最近ジョロウグモが急成長してます。
2351232b.jpg

アオカメムシが発生する頃はエサも多く急に体が大きくなるのでしょうかね。

道すがら、道端のジョロウグモの網を立ち止まっては眺め、また歩くの繰り返しをしてます。
行きかう人々は多分変な人と思い、マークしてるかもしれませんね。

4dfcff1c.jpg

何を眺めているかというと、この丸印の中にいるんですが、拡大しても安物のカメラの画像ではさっぱり分かりませんね。

ジョロウグモの網を見つめていると、時たまキラリと銀色に輝く小さな小さな蜘蛛がいます。

仁丹の粒よりも少し小さな大きさ。
99207cd1.jpg


私のカメラの解像度ではマクロで撮っても輪郭がボケて・・・
3036b804.jpg


シロカネイソウロウグモというクモなのですが、名前の通りジョロウグモの巣に同居してます。
f4821250.jpg


同居するだけでなく、網にかかった虫を頂戴するまさに居候さんです。

ほとんどはジョロウグモが獲物とみなさないような小さな小さな虫を失敬してますが、たまには餌の後ろに隠れて家主に見えないようにして汁を吸ってるときもあるようです。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

当地は今日も雨、止むことなく降ってます。

明日はお墓参りをするつもりなのですが・・お天気が心配です(^_-)-☆


最近の出会いから、蜘蛛の仲間を少しばかり・・

こちらはナガコガネグモ♀の成体です。オスは別の網を作って近くにいます。
0cb84d86.jpg


このメス、指で突いたくらいではピクリともしません。堂々としてます。


こちらはジョロウグモのオスとメス。
3f86db02.jpg


オスが別の網を作ってるようには見えないのですが・・どうなんでしょう。

命がけの同居ですね。


少し珍しいのに出会いました。ビジョオニグモと思われます。
796b6521.jpg


背中を撮りたくても撮らせてくれませんでした。

8d1cabfc.jpg

外に出ていたのですが、急いで葉を丸めて作った巣に潜り込んでしまいました。


これも珍しいですね。

ハシリグモの仲間、多分イオウイロハシリグモと思いますが、大きな卵のうを抱えてました。
cc1dfb90.jpg


こうして子どもたちを守るんですね。

おまけの写真はアキノノゲシです。最近たくさん花を見るようになりました。
e63b99a3.jpg


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

マイフィールドは平谷川に沿った約5㎞の公園ですが・・・

その最下流には調整池と噴水があります。
3342662e.jpg


フルに最上流から最下流迄を往復することは今の私の体力では無理なので半分ずつに分けて1回5㎞をめどに歩いています。

最下流の林縁のフジの茂みでこんなのがありました。
3c3da3a8.jpg



沢山の子蜘蛛が集まっています。
1ceda578.jpg


外部からの刺激には全員が同じような反応をするので、見ていて飽きませんよ。
31acd910.jpg


この状態をクモの団居(まどい)と呼んでいます。

この蜘蛛は多分ハシリグモの仲間と思われます。

ハシリグモの母親は卵のうを抱えて移動し、いよいよ孵化するとなると、安全な茂みに固定して子供の誕生を見守るそうです。

子どもたちはしばらく集団生活をしたのち、体力がつくと分散していきますが、その間親蜘蛛は近くで見守っているという事です(*^^*)

これだけたくさん兄弟がいても成体になれるのはごくわずかでしょうね。


おまけの写真は他所で撮ったイオウイロハシリグモです。かなり大きなクモです(^_-)-☆
76a72796.jpg



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

このページのトップヘ